東京都盲ろう者支援センター

アクセス・地図 | お問い合わせ

文字: | | | | 白黒反転(テキスト版)

This movie requires Flash Player 9

ラジオ放送のお知らせ

当会理事長の藤鹿一之と、事務局長の前田晃秀がラジオ番組に出演しました。

NHK第2放送「視覚障害ナビラジオ」

新型コロナ・現場からの報告⑤ 盲ろう者の暮らしは今
2020年9月13日(日) 午後7時30分〜8時00分

放送内容
情報の入手や移動、コミュニケーションにおいて「触る」ことが欠かせない 盲ろう者にとって、コロナ禍の生活は大変厳しいものです。感染のリスクを怖れて 外出や通訳介助員の派遣を減らし、孤立が深まっている当事者も少なくありません。 また、万が一感染した場合、病院での通訳介助がどうなるのか、 不安も高まっています。当事者や支援者の声から、 盲ろう者の置かれた状況と必要な支援を考えます。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=47245#contents
上記ホームページに放送内容の音声とテキスト版が公開されていますので、ぜひご視聴ください。

盲ろう者と通訳・介助者のための新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

テキスト版はこちら
PDFのダウンロードはこちら

2020年6月26日

盲ろう者と通訳・介助者のための
新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

_感染症対策として、「他者との密接を避け、ものに接触しないこと」は重要です。
しかし、盲ろう者が日常生活を送るうえで、「密接」や「接触」は必要不可欠であり、一般的な感染症対策をそのまま当てはめられないこともあります。
そのため、東京盲ろう者友の会では、「盲ろう者と通訳・介助者のための新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」を作成しました。
みなさまの感染リスクを少しでも軽減できるよう、ご理解・ご協力のほど、お願いします。

基本原則


◎盲ろう者は触れることで得ることのできる情報が多くある。
_触ることを制限するのではなく、こまめな手洗いや手指消毒等を心がけ、2密(密集、密閉した空間)をなるべく避けて行動する
_マスクは可能な限り着用し、「コミュニケーションに差し支える」*1、「熱中症のリスクが高い」*2場合、一時的に外して構わない

具体的な対応例




*1コミュニケーションに差し支える
_「口形が読み取れず、盲ろう者(もしくは通訳・介助者)の話している内容が分からない」、「声がこもってしまい、正確に聞き取れない」など。このような理由でマスクを外す場合、飛沫が飛ばないように距離や話しかける方向に注意する。

*2熱中症のリスクが高い
_気温や湿度が高い場所での活動。ただし、「2密」でマスクを外すことが適切でない場面では、こまめな水分補給や休憩を心がける。

*3感染リスクが高く申告すべき依頼例
_通院/複数人での会食を伴う/外出先が「2密」になるおそれがある/遠方へ移動する など

盲ろう者のための弁護士による無料法律相談会のお知らせ

無料法律相談会のお知らせ

東京都盲ろう者支援センターでは、第二東京弁護士会と共催で、弁護士による無料法律相談会を開催します。
皆さんの中に、このようなお悩みを抱えている方はいませんか?

・だまされてお金を取られた。勝手に自分のお金を使われた。お金を取り戻せるだろうか?
・交通事故でケガをさせられた。今後どのように対応すればよいだろうか?
・老後が心配だ。認知症に備える手段はないだろうか。財産の管理を誰かにお願いできないだろうか。
などなど。遠慮なさらず、この機会にぜひ、弁護士に相談してみてください。

日時:10月12日(金)13:00~17:00
※定員8名。予約制、先着順です。お一人様あたりの相談時間は1時間です。
場所:東京都盲ろう者支援センター
対象:盲ろう者ご本人、盲ろう者のご家族
※ただし、相談内容は、盲ろう者の権利や利益に関わる事項に限ります。
ご家族固有の権利や利益に関わる相談は受けかねますので予めご了承ください。
費用:無料
申込締切:10月5日(金)までに友の会事務所(担当:小平)へお申込ください。

映画「もうろうをいきる」DVD発売のご案内

宮崎、宮城、広島、新潟、東京などで暮らす盲ろう者を訪ね、その日常を描いたドキュメンタリー映画「もうろうをいきる」が、DVD化されました。
購入をご希望の方はこちらよりご注文ください
当会からご購入いただきますと、一部が友の会の運営に役立てられます。

タイトル:『もうろうをいきる』
発売・販売:株式会社シグロ
収録時間:本編91分/特典14分
価格:4,180円

「聞こえにくさ相談会」のご案内(詳細)

「聞こえにくさ相談会」開催のお知らせ⇒終了しました

日時:2017年11月17日(金) 10:00~16:00(1人1時間程度の面談)
場所:日本盲人福祉センター
東京都新宿区西早稲田2-18-2
対象:視覚障害の方で聞こえにくさを感じている方。
相談は、言語聴覚士の専門員が行います。加齢や病気で聞こえにくくなって日常生活に不自由している視覚障害者、及び盲難聴者で相談を希望される方は、積極的にご参加ください。
相談料:無料
定員:5人

相談員:筒井優子氏(言語聴覚士)、小平純子(東京都盲ろう者支援センター)
相談時間:1人1時間程度(聴力測定等20分、個別相談40分)
※補聴器の使用体験もできます。

お申し込みは、氏名・年齢・当日連絡のつく電話番号・希望する時間・補聴器の使用の有無を電話でお知らせください。

申込・問合せ先:日本盲人会連合総合相談室
電話:03-3200-0011 Eメール:soudan@jfb.jp

 

次のページへ »