東京都盲ろう者支援センター

アクセス・地図 | お問い合わせ

文字: | | | | 白黒反転(テキスト版)

This movie requires Flash Player 9

盲ろう者の三療について考えるシンポジウムのご案内(詳細)

盲ろう者の三療について考えるシンポジウムのご案内

【主催】 盲ろう三療研究会
    (国立障害者リハビリテーションセンター、東京盲ろう者友の会の職員)

【趣旨】
盲ろう三療研究会は、三療に関する盲ろう者の免許取得のための教育や就労状況に関して、その実態を調査いたしました。本シンポジウムでは、調査結果を報告するとともに、免許取得のための教育実践、就労するための実践について報告いたします。現在就労している当事者の話から、三療で就労するための必要な支援は何かについて考えることを目的に開催する運びとなりました。

【概要】
日時:10月1日(日)13:00:~16:30(12:30受付開始)
場所:国立障害者リハビリテーションセンター本館4F会議室
(埼玉県所沢市並木4-1)
参加費:無料
参加対象者:どなたでもご参加いただけます。(要申込)

申込方法:下記を東京盲ろう者友の会へメール・電話・FAX等でお知らせください。
①氏名(ふりがな)
②連絡先(メールアドレス、携帯電話番号など)
③所属
④障害種別
⑤資料の種類(墨字、点字)
⑥手話通訳の必要性
⑦通訳・介助者の有無と人数
申込締切:9月25日(月)

【プログラム】
13:00~13:10 開会式
13:10~14:00 第一部調査報告
盲ろう者の三療の教育および就労の実態に関する調査報告
14:10~15:00 第二部実践報告
・養成施設における三療教育の実践報告
・就労支援の実践報告
15:15~15:45 第三部当事者から
15:50~16:25 第四部全体討議
16:25~16:30 閉会式

テレビ放映のお知らせ

当会理事の森敦史がテレビ番組に出演します。
森さんのコミュニケーション方法や将来の目標について、取りあげられています。
ぜひ、ご覧ください。

テレビ朝日「東京サイト」

 ※関東地区のみで放送されます。
放送日:2016年12月1日(木)14:00~14:04
テーマ:障害者とともに『視覚・聴覚の障害を越えて』

新聞掲載のお知らせ

当会会員の藤田俊さんが毎日新聞に取り上げられました。
2016年9月7日発行、毎日新聞朝刊「 障害者スポーツは今~リオを前に/中 練習場所、数少なく 企業に提供の動きも」というタイトルです。記事では、藤田さんが取り組んでいる柔道について取材を受け、写真も掲載されています。
掲載記事はこちらのページをご覧ください

 

日中活動のご案内

「盲ろう者の日中活動プログラム」のご案内

この度、独立行政法人福祉医療機構からの助成金により、「盲ろう者の日中活動プログラム開発事業」を行います。
これは盲ろう者向けの活動を行い、それを評価・分析することで盲ろう者に適したプログラムを開発するものです。

日中活動は、10月から2月まで、月・水・金に開催します。

詳細は以下のページをご覧ください。
事業の概要
10月の詳細
11~12月の詳細
1~2月の詳細
※日中活動は2月6日で活動を終えます。

相談会のお知らせ

盲ろう者のための無料法律相談会

東京都盲ろう者支援センターでは、第二東京弁護士会と共催で、弁護士による無料法律相談会を開催します。

皆さんの中に、このようなお悩みを抱えている方はいませんか?
 ・だまされてお金を取られた。勝手に自分のお金を使われた。お金を取り戻せるだろうか?
 ・交通事故でケガをさせられた。今後どのように対応すればよいだろうか?
 ・老後が心配だ。認知症に備える手段はないだろうか。財産の管理を誰かにお願いできないだろうか。
などなど。遠慮なさらず、この機会にぜひ、弁護士に相談してみてください。

日時:10月14日(金)13:00~17:00
 ※定員8名。予約制、先着順です。お一人様あたりの相談時間は1時間です。
場所:東京都盲ろう者支援センター
対象:盲ろう者ご本人、盲ろう者のご家族
 ※ただし、相談内容は、盲ろう者の権利や利益に関わる事項に限ります。
 ご家族固有の権利や利益に関わる相談は受けかねますので、予めご了承ください。
費用:無料
申込み締切り:10月7日(金)までに友の会事務所(担当:小平)へお申込ください。

« 前のページへ次のページへ »