東京都盲ろう者支援センター

アクセス・地図 | お問い合わせ

文字: | | | | 白黒反転(テキスト版)

This movie requires Flash Player 9

会の沿革

1988年

盲ろう者の福島智氏(現・東京大学教授)の大学進学を支援する会が発足したのをきっかけとして、東京やその近郊に住む盲ろう者や家族、ボランティアが徐々に集まるようになりました。

1991年4月

「東京盲ろう者友の会」として正式に活動を開始しました。

1996年4月

千代田区九段下に事務所を構えました。

1996年6月

通訳・介助者派遣事業を、同年10月からは通訳・介助者養成事業を、東京都の補助を得て開始しました。

2001年8月

特定非営利活動法人(NPO法人)格を取得しました。

2005年5月

千代田区神田神保町に事務所を移転しました。

2008年4月

「認定NPO法人」として国税庁長官から認定されました。

認定NPO法人とは、NPO法人のうち、一定の要件を満たすものとして国税庁長官の認定を受けているものをいいます。つまり、NPO法人になるためには、所轄庁(内閣府または都道府県)からの「認証」を受ける必要がありますが、認定NPO法人になるためには、さらに国税庁長官からの「認定」を受ける必要があります。

2009年5月

東京都台東区浅草橋に事務所を移転するとともに、東京都盲ろう者支援センターを開設しました。

2018年4月

事業所「かけはし」を設置し、同行援護・居宅介護・重度訪問介護・訪問介護・特定相談・障害児相談を始めました。