東京都盲ろう者支援センター

アクセス・地図 | お問い合わせ

文字: | | | | 白黒反転(テキスト版)

  フェイスブック   ツイッター
This movie requires Flash Player 9

MESSAGE

藤鹿一之さん(写真)

一番大切なもの

藤鹿一之 (全盲ろう)


「生きて行く上で一番大切なものはなんだろう?」と聞かれたら、私は迷わず、「他者とコミュニケーションを取る事」と答えます。

私が全盲ろうになったのは今から16年前。一時、コミュニケーション手段を失いました。その後、指点字、手書き文字というコミュニケーション手段を身に付けた事により、他者とコミュニケーションが取れるようになっただけではなく、通訳・介助者の手を借りながら、専門学校での講義、マッサージの仕事、旅行、買い物、様々な情報収集・・・といろんな事ができるようになりました。そして、障害の受容もでき ました。

2009年5月に開所された東京都盲ろう者支援センターの事業の一環として「コミュニケーション訓練事業」があります。都内在住の盲ろう者の皆さん! 東京都盲ろう者支援センターであなたに適したコミュニケーション手段を身に付け、社会に飛び出しましょう!

きっと、あなたの人生が変わりますよ。

 

藤鹿さんの日常生活(動画)(wmv: 5.49MB)
映像:知ってください 盲ろうについてからの抜粋