コミュニケーション方法の詳細

触る

手書き文字(写真)

手書き文字
盲ろう者の手のひらに指先等でひらがなやカタカナ、漢字等を書いて言葉を伝える方法です。盲ろう者の指をとり、机や手のひらの上に一字ずつ書いていくという方法もあります。多くの盲ろう者は手書 き文字によるコミュニケーションをとることができます。


 

触手話(触読手話)(写真)

触手話(解読手話)
話し手が手話を表し、盲ろう者がその手に触れて伝える方法です。この方法が難しい盲ろう者の場合、話し手が盲ろう者 の手指を持って、手話の単語に形作っていく方法もあります。


 

ブリスタ(写真)

ブリスタ

点字ディスプレイ(写真)

点字ディスプレイ

点字筆記
点字の触読が可能な盲ろう者は、点字を読みとることでコミュニケーションをとることがあります。「ブリスタ」というドイツ製の速記用点字タイプライターで打ち出したり、コンピュータと接続した点字ディスプレイに出力する方法などがあります。


指点字(写真)

指点字
盲ろう者の指を点字タイプライターの6つのキーに見立てて、左右の人差し指から薬指までの6指に直接打つ方法です。
指点字一覧表(パーキンス式)(pdf: 181KB)


 

ローマ字式指文字(写真)

ローマ字式指文字
アメリカ式アルファベット指文字をローマ字表記で表し、盲ろう者の手に触らせて伝えます。この方法は、手の動きが少なく、少ない数の文字で表現できる利点があります。また、ローマ字式の母音と子音の組み合わせは、点字の構成に共通する部分が多く、点字学習の導入として応用できることから、盲ろう児の教育に多く使われています。

ローマ字式指文字(表)

ローマ式指文字表(受信者に向けて)出典:全国盲ろう者協会「盲ろう者への通訳・介助」


 

触る・見る

日本語式指文字(表)

日本語式指文字表(相手から見た形)出典:全国盲ろう者協会「盲ろう者への通訳・介助」

日本語式指文字
聴覚障害者の間で広く使われている日本語式指文字を、盲ろう者は残った視力で見たり触れたりすることで読み取ります。日本語式指文字だけを用いて通訳を受ける盲ろう者もいますが、手話と一緒に補助的に使われることがほとんどです。

 

→日本語式指文字一覧表(pdf: 153KB)

→日本語式指文字の拡大版はこちら


 

見る

文字筆記(筆談)

文字筆記(筆談)(写真)

文字筆記(筆談)
視覚活用が可能な盲ろう者に対して、紙にペンで文字を書くなどして伝える方法です。盲ろう者の見え方にあわせ筆記具の種類や太さ、文字の間隔や大きさなどを変えていく必要があります。最近では、手書きでの筆記に代わり、パソコンを用いた筆記通訳が広がりつつあります。


 

弱視手話(写真)

弱視手話
「視力が低下している」「視野が狭い」といった視覚障害の状態に合わせ、話し手との距離や手を動かす幅を調整することによって、手話を目で読み取る方法です。まぶしさを強く感じる見え方の人の場合、照明や陽光などの光源の位置・方向または服装や背景に配慮する必要があります。


 

聴く

音声(写真)

音声
聴覚活用が可能な盲難聴や弱視難聴の盲ろう者に対して、耳元や補聴器のマイクなどに向かって話す方法です。盲ろう者の聴力や聴こえの状態により、音量や声の抑揚、速さなどに配慮する必要があります。